ブログ 困ったなあ、もう。開発テーマにまつわる諸問題

こんにちは、JOSUIの中村です。

今日は、研究開発テーマの作り方について書こうと思います。

セミナーを開催すると、私は必ずアンケートを取るようにしています。

「お悩みは何でしたか?」とお聞きするのですが、回答のトップに必ず来るものがあります。

それが、「テーマがない」「テーマの枯渇」「アイデアがない」です。

言葉を変えて同じようなことを言っていると思います。

しかし、掘り下げて考えると、違った問題があることが分かります。

経験上、たくさんの問題があります。

・アイデアのための情報のインプットがない
1)未来を予想していない
2)技術の棚卸をしていない

・テーマになるアイデア段階のアイデアがすでに出ない
3)統制的な雰囲気(アイデア出せない)
4)アイデアを出す場がない
5)アイデアをバカにされる
6)エンジニアの自由な発想ができない

・テーマ化の問題
7)アイデアをテーマにしていない
8)アイデアを小粒なままテーマ化してしまう
9)テーマに説得力がない
10)テーマが未来の予想を反映していない
11)テーマが保有技術・コア技術と関係がない
12)バズワード的なテーマで、なんとなく納得してしまう

・テーマ選定の問題
13)選定基準が厳しすぎる
14)テーマ選定が「鶴の一声」で決まる
15)テーマを通すテクニックがない
16)エンジニアに熱意がない

※最近では、大抵の会社は、ステージゲート法をとっており、たくさんの案件の中から選定するという方法を取っています。

大企業向けのコンサルティングの現場では、上述のような課題のどれが課題なのかを把握した上で、一つ一つの問題を解決していくことになります。

しかし、実務上、最も問題になるのは、「エンジニアに熱意がない」ことに帰結することが多いような気がします。

これには、いくつかの問題があり、あまり大きな声では言えないのですが、一番大きな問題は、「マネジメントがエンジニアの熱意を奪っている」が多いです。

マネージャー(研究開発部長、役員)の方の人格・性格、成功体験に起因する問題であることが多く、解決するのはそう簡単ではありません。

実際、会社で出世してきている人を否定することにつながりかねず、非常にデリケートな問題になるのです。

私がどうしているのか?

当たらず触らずで終わらせることもありますし、ズバッとやることもあります(笑)。

「ズバッとやる」と書くと、物騒なイメージかも知れませんが、決して物騒なことはしていませんのでご安心を。

皆さんの会社では、どんな問題がありますか?

把握しておられる問題があったら、解決を図るのはいかがでしょうか?

*****************************
エンジニアの皆さん、特許出願を焦っていませんか?

「技術開発で精一杯だよ・・・」

「ビジネスモデルなんて自分の専門じゃないよ・・・」

「営業段階のことなんて先のことだから、考える余裕ないよ・・・」

新規事業開発には、立ち止まって考えることが必要だと考えています。

特許は、出願は今ですが、使うのは先です。

先々のことを考えて、しっかりと出願しませんか?

詳しくはこちら↓
http://innovest.jp/takeiteasy/

す~     は~

あくせく働いている毎日、一呼吸置いて考えましょう。

ビジネスでも、個人的なことでも、気楽に相談できる相手がいるって、いいですよね。

JOSUIは気軽に相談できる専門家を目指して仕事をしています。

*****************************

*****************************
知財部門の立ち上げ、強化にお困りはありませんか?

知財部門の立ち上げ・強化には、経営者の理解が不可欠です。

立ち上げたとしても、強化したとしても、効果は見えにくいです。

ただ、見えにくいものが見えている会社って強いんですよね。

大手企業は、どの会社も強力な知財部門を持っています。

知財部門を立ち上げ・強化しましょう。

一息入れて、相談して見ませんか?

詳しくはこちら↓
http://innovest.jp/takeiteasy_pat/

*****************************

*****************************
メールセミナーのご案内

こんな悩みはありませんか?
こんな悩みがあれば、メールセミナー 「未来を造る人になる」 を一度受講してみてください。

✓ 研究開発のテーマがない、小粒である
✓ 研究テーマが会社の将来に結びついているか確信が持てない
✓ お客様の要望を受けた対応に終始している
✓ 研究開発の資源配分に中長期的な視点が欠けている
✓ 中長期的な視点が分からない
✓ どのようにアイデアを出せばいいのかわからない
✓ アイデアがでない
✓ ブレストでは、皆が黙ってしまう
✓ 長いブレストで疲れてしまう
✓ いいアイデアがでない(ヒットやホームランがでない)

メールセミナーとは?
新規事業開発のコツ、知財戦略のコツを、分割して、数日間に渡って毎日お届けするものです。経営者、新規事業開発、知財に関わる担当者の方に読んでいただくように書かれています。

カリキュラム
日ごとに、次のカリキュラムでお送り致します。
Day1 なぜ未来を予想するのか?
Day2 研究者/技術者が持つべき未来予想視点
Day3 未来を予想する具体的な方法
Day4 ビジネスモデルを選択する
Day5 攻めと守りの知財を押さえる
Day6 技術の棚卸をする
Day7 アイデア発想の方法
Day8 振り返りとまとめ
Day9 未来を造る人になる

申し込みは こちら からどうぞ。

PAGE TOP