経営者の方へ

経営者は粗利50%を実現する決意をするべきだ

コンサルタントとして断言します。粗利50%を実現できるのは当然のことです。

経営者が低収益で「なんとかやれている」感覚を持つのは間違いです。
経営者が高収益を目指すのは当然、
粗利50%を達成する決意をするべきです。

コンサルティングの経験から、粗利50%以上を実現できるのは当然です。

その秘密はキラー技術の創出です。
キラー技術とは、知財で保護された独自性のある技術です。
そして、普通の社員でキラー技術は創出できます。

本コンサルティングでは、その仕組みを提供します。

 

コンサルティングの効果

コンサルティング効果①
キラー技術により新商品粗利率50%へ

自社の粗利が50%を超えれば経営が楽になると思いませんか?実は、高収益企業と呼ばれる会社では粗利50%を越えるのは当たり前になっています。

粗利50%を越える条件は、キラー技術を開発することです。

キラー技術とは、粗利50%以上を実現する新商品に必要な技術と知財の組み合わせのことです。

そう、独自性があって知財が取れるのがキラー技術と言えるための条件なのです。

コンサルティング効果②
仕組み化により連続的にキラー技術創出

キラー技術創出を仕組み化することにより、連続的にキラー技術が生み出されていきます。

キラー技術を連続的に生み出すことにより、増収増益の礎を築くことが出来ます。

また、「コレがダメでもコッチで勝負」など一本足打法的な経営から脱却することもできます。

そして、経営者自らが手を下すことなく社員が主役になってキラー技術を創出しつづけるとどうでしょうか?

コンサルティングのポイント

ポイント① 独自の技術が出来上がる

高収益は独自性の対価です。独自性がないところに高収益はないのです。
本コンサルティングでは、この大原則に立ち戻り、予め独自性の高い技術ができるように仕組みを整えます。

ポイント② キラー技術を知財で保護する

本コンサルティングでは、キラー技術を知財で保護することが必須としています。ものづくり企業の経営者であれば模倣を防ぐ手段を考えることは必須でしょう。
しかし一般的には、実際に知財で保護されたキラー技術を作るための業務になっていないのです。
本コンサルティングでは、予め知財の取れるテーマを考えていく仕組みを構築致します。

ポイント③ 普通の社員で回せる仕組み(再現性)

本コンサルティングで構築する仕組みは普通の社員で回せる仕組みです。
天才社員を必要とする仕組みでは、収益に波が出てしまいます。
もちろん、天才でも良いのですが、必ずしも天才を必要としないキラー技術創出の仕組みを構築します。

コンサルティングの進め方

第1日目 キックオフ・ビジョン策定
高収益技術経営モデルの確認
ビジョンの策定

 ▼

第2日目 現状評価と方向性策定
高収益を実現するの5つの仕組み
仕組みの現状評価と方向性の策定

 ▼

第3日目 全体説明会
ビジョン、5つの仕組み
今後の方向性のための社内調査
 ▼

第4日目 技術戦略策定1
技術戦略策定フロー
自社技術の棚卸し・可視化
 ▼

第5日目 技術戦略策定2
顧客課題の可視化・対応策検討
利用可能技術の可視化・棚卸し
 ▼

第6日目 技術戦略策定3
知財調査による競合分析
差異化戦略策定
 ▼

第7日目 技術戦略策定4
新しい基盤技術の考案
新規基盤技術のイメージ、採用計画
 ▼

第8日目 全体説明会
自社技術、顧客課題、競合分析
調達・採用計画のイメージ
 ▼

第9日目 人材開発の教育
自主性を高める必要性とノウハウ
技術経営リーダーシップ
 ▼

第10日目 人材開発・評価1
人材像の明確化
面談制度の策定
 ▼

第11日目 人材開発・評価2
調査結果の検討
自主性の可視化・向上策の策定
 ▼

第12日目 業務ルール・知財教育
知財開発業務の内容
権利取得・クレームレビューの各業務
 ▼

第13日目 R&D業務ルール
Rステージのステージとゲート
ステージゲートの策定
 ▼

第14日目 R&D業務ルール
R&Dにおける知財開発と知財活用
知財体制
 ▼

第15日目 技術法務
顧問先探索・体制の整備
NDA、共同研究、業務委託
 ▼

第16日目 全体説明会
R&D業務ルール
人材開発と評価
技術法務

ご契約までの流れ

1:お問い合わせ「キラー技術創出の仕組み化コンサルティング」

お問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。

注)原則、当社主催または外部主催のセミナーにご参加頂いた上で「キラー技術創出の仕組み」をご理解頂いた方のみ、お手伝いしております。

2:セミナー参加

当社のコンサルティング内容は、当社オリジナルです。具体的な内容をご理解いただくため、まずは当社主催あるいは外部主催のセミナーへ参加いただき、実際に見聞きした上での、ご判断をお勧めしています。

注)当社の主催セミナーは100%完全返金保証を導入しています。なお、外部主催セミナーは、原則、返金保証はいたしません。

3:ご相談

当社社主催セミナーを受講頂きましたら、「実際にキラー技術創出コンサルティングを導入すれば、どのようになるか、どう進めていくものなのか」などの個別相談も実施させていただいております。その方針と進め方にご納得された後、コンサルティングを行っております。

注)セミナーに参加されず、まずは個別に相談したいという依頼の場合、スポットコンサルティング(1時間/35,000円※1時間~)も実施しております。

4:コンサルティング計画およびプロジェクト期間の提示

セミナー参加およびご相談を経た結果、『コンサルティングの具体的内容・進め方・実施期間・総額費用…等』を、正式に書面をもってご提示します。

5:ご契約

貴社プロジェクト参加メンバー、コンサルティング日程を決定し、秘密保持契約を含むコンサルティング契約書を締結いたします。

6:コンサルティング開始

提示したコンサルティング内容に基づき実施します。(全16回、2時間/回) 実施場所は、お申し込み内容に応じて、貴社または当社にて、プロジェクト形式にて行います。

7:コンサルティング終了

終了段階で、約100ページ相当の貴社オリジナル・ノウハウが体系化された「キラー技術創出の仕組みハンドブック」が完成します。ハンドブックを十分に活用していくことで、今後の事業成長サイクルを円滑にし、貴社のビジョンを実現できます。

導入について迷われている方へオススメ

当社主催セミナーへのご参加
毎月当社主催のセミナーを開催しておりますので、当社の取り組み内容や成功事例、コンサルティングの考え方など詳しく知りたい方は、セミナーへご参加ください。
セミナー参加はこちらからどうぞ。
社内セミナー「キラー技術創出の仕組み化」(スポットコンサルティング 1時間付き )
「経営幹部も同席で話を聴かせたい」「来社して話をしてほしい」というご要望が多いため、御社のご都合よい日時と場所にお伺いして、「キラー技術の作り方セミナー」を貴社にてお伝えし、終了後、個別相談を実施するプランです。
※セミナー内容は、当社主催の「キラー技術創出の仕組み」セミナーに準じます。
〈料金〉3~4時間/20万円(税別)※個別相談付き
※交通費(宿泊費)実費、都内は原則交通費無料
〈場所〉貴社オフィスにて実施
スポットコンサルティング(1回のみご利用いただけます)
「まずは話を聞いてみたい」という方、「一度気軽に相談してみたい」という方にオススメの単発コンサルティング。「キラー技術創出の仕組み化コンサルティング」にお申し込みの際には、スポットコンサルティング代は全額編入いたします。
〈料金〉1時間/35,000円(税別) 1時間~〈場所〉当社京都事務所 コンサルティングルームにて実施

お問い合わせ

お問い合わせ内容*
お問い合わせ内容をご記入ください。
お名前*
会社名*
E-mail:*
電話番号*