2014/5/27 ロジカルシンキングセミナー(大阪開催) 【終了しました】

若手~中堅ビジネスパーソン向け
問題・課題から考えて、解決策を自ら導ける人材になる

セミナーは終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

参加のおすすめ

企業では、問題や課題を自ら発見して解決する人が求められています。 その問題や課題を発見・解決するためにはどうすればよいのか? その方法の1つが「現場思考」です。 現場では、限られた情報のみで判断を迫られることがあり、現場感が伴わない指示・命令は、関係者に受け入れられません。
本セミナーでは、迅速かつ精度の高い結論を得るための手法であるロジカル・シンキング(論理的思考)の基本的な考え方やツールを解説するとともに、 それをビジネスの実務において、どのように活用するかを身につけてもらいます。 講義とグループワークにより「現実的な解」を得るためのコツをつかみましょう。

セミナーお申し込みはこちら

概要

日 時 2014年 5月 27日(火)  13:00 ~ 17:00
会 場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場(大阪市中央区北浜東2-16)
受講料 21,600円(資料代含む、消費税込)
(振込手数料は貴社でご負担願います。)
主 催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 大阪支社 事業出版部 セミナー係
TEL : 06-6946-3382 FAX : 06-6946-3389
E-mail : seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

講師

株式会社如水 代表取締役/弁理士  中村 大介 氏

会場アクセス

大阪市中央区北浜東2-16 TEL06-6946-3382

セミナー会場案内図

プログラム

[1] ロジカル・シンキング(論理的思考)とは何か?
(1)ロジカル・シンキングの目的は?
(2)ロジカル(論理的)とはどういうことか?
(3)ロジカル・シンキングの活用場面は?
[2] ロジカル・シンキングのポイント
(1)考える目的・テーマを明確にする
(2)目的・テーマについて考える上で「重要なポイント」(論点)を押さえる
(3)個々の論点について深掘りしてロジカルに考える
[3] ロジカル・シンキングの基本スキルと思考ツール
(1)もれなくダブリなく考える
<MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)、ロジックツリー>
(2)フレームワークを活用して考える
<3C(Customer / Competitor / Company(自社))、
4P(Product / Promotion / Price / Place)、
SWOT(Strengths / Weaknesses / Opportunities / Threats)など>
(3)論理を組み立てる<演繹法、帰納法>
(4)視点を変えて考える<逆視、アナロジー>
[4] ロジカル・シンキングの実務シーンでの活用
(1)問題解決におけるロジカル・シンキングの活用<ロジックツリー>
(2)ビジネスコミュニケーションにおけるロジカル・シンキングの活用
<ピラミッド・ストラクチャー>

セミナー一覧へ セミナーお申し込みはこちら

PAGE TOP