パテントウォッチの効果は、議論のできる仲間から~技術企業の高収益化#98

**  ご案内  **

知財開発業務の導入提案(Youtube動画です)

https://innovest.jp/ipedumovie/

今後の公開セミナー情報は最後にあります。

セミナーの復習動画を公開しました。
技術企業の高収益化
https://innovest.jp/fukusyu1/

研究開発マネジメント
https://innovest.jp/seminar/

当社サービス資料、ダウンロードできます。
https://innovest.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/cbc13da3adca36eaf83fb824bdba0767.pdf

***********

パテントウォッチの効果は、議論のできる仲間から

研究開発に携わっている皆様、パテントウォッチの成果、利用してますか?

競争が熾烈な分野では、パテントウォッチは非常に有用です。

競争が熾烈でなければそうでもありませんが・・・。

どのように有用かといえば、ライバル等の動向がすぐに分かることです。

動向が分かればその対応策が取れます。

分かりにくいので例を挙げます。

研究段階でこんなことを経験しました。

私の関係先でのお話です。

とある大学の先生の論文をもとに企画したテーマがありました。

とある先生の技術を「技術A」とします。

企画したテーマを「技術B」としましょう。

その先生は、技術Bにも興味を示してくれて、仲良く研究することになりました。

そしてウォッチングを開始しました。

キーワードを設定し、毎月検索するようにしたのです。

しばらくは類似の出願は何もありませんでした。

研究を続けていたところ、技術Bは目標を達成しました。

そこで、苦労した技術Bを特許出願しようとします。
※厳密には優先権主張出願です。

しかし、そのタイミングで第三者の出願が見つかりました。

技術Bの出願と重複する別の企業の発明でした。

このままだと、技術Bの出願が危うい・・・。

ということで、技術Bの出願を工夫することにしました。

工夫するのに、担当技術者、先生以外の人も含めて皆でブレストしました。

そうすると、アイデアが出てきて玉石混交、本当に

色々なアイデアが出ました。

そうしているうちにある時ポロッと出てきました。

現状を克服できそうなアイデアが。

どういうアイデアかは書けませんが(笑)、

それをもとに対策したのです。

結果、特許が取れました。

事業も実施出来ています。

別の出願をしていた企業は事業をやめたようで、現在は競争がありません。

※お話はここまで。

パテントウォッチの結果をブレストできる仲間を作ろう

ここで私が言いたいことを端的に言います。

パテントウォッチの効果は、ブレストの出来る仲間から生まれるのです。

ブレストの仲間がいればこそ、特許が強くなります。

皆さんの机には、パテントウォッチの紙が机に積んでありませんか?

膨大な紙があるだけでは、十分効果があるとは言えないですよね。

まずは社内に、特許の話ができる仲間を作りましょう。

=PR=

開発現場の知財力を上げる研修、実施しています。

知財開発業務の導入提案(Youtube動画です)

https://innovest.jp/ipedumovie/

PAGE TOP