研究開発テーマ創出

研究開発マネジメントの変遷


よくある2010年代の取り組みは?
 1)テーマ提案会の実施、技術の棚卸し
 2)コア技術、知財ベースのテーマ創出活動

              ▽

2010年代半ば以降、多くの研究開発組織に共通する問題点は?
1)テーマ提案会が長続きしない、テーマ不足
2)既存の業務(開発テーマ)で多忙であり、余裕がない
3)自由が許容されない、調査やアングラにNOと言うリーダーが多い
4)研究開発部門のあり方に問題意識が乏しい管理職層が多い

              ▽

本質的な問題はなにか?
 テーマ創出が、構造的にできていない。  組織の問題
 テーマ創出が出来る人(スキル)が育っていない。  人の問題

なぜ、小粒の研究開発テーマに留まってしまうのか?

研究開発組織の問題

◯ピラミッド的な構造
◯間違った人が部門長になって権限を持っている
◯「研究開発は自由」と言いつつ予算執行で制約を課す
◯種まき投資に渋い
  ↓ だから
◯種はまけない
◯有望若手はやめる

業務プロセスの問題

◯顧客要望の対応が組織のミッションになっている
◯MBO上の目標も顧客要望対応、営業要望対応
◯できるのは、いつまでに、どんな成果を出すかが明確なもののみ
  ↓ だから
◯「何をやるか」には時間を避けず、「どうやるか」の議論のみになる

研究開発テーマとは?

研究開発テーマとは、お金にならない基礎研究でも、顧客や営業の要望をそのまま実現するものでもありません。

研究開発テーマとは、次世代の利益成長を実現するための研究開発投資対象です(下図のRの軸、大粒テーマ)。

大粒テーマとは、顧客価値の独自性と技術の独自性がある(ため知財が取れる)テーマです。

研究開発テーマの創出方法

1)用途マップによるテーマ創出

用途マップとは、現在の自社技術に付加する要素を特定することにより、自社技術の展開可能性について判断するもの。

どのように用途展開を図るのか、実務を経験させるテーマ創出方法は極めて効果が高い。

2)潜在ニーズによるテーマ創出

潜在ニーズによるテーマ創出とは、顧客動向を深堀りすることによるテーマ創出方法。

どのように潜在課題を発掘しテーマにつなげるか経験させるテーマ創出方法は極めて効果が高いと言えます。

研究開発テーマ創出の実践方法

個人的な取り組みによるもの(研修)

研修形式等で個人的に研究テーマの創出をする会社があります。研修方式で成果を問わずに研究開発テーマを創出しようとするものです。

対象は若手〜中堅の技術者です。

若手には研究企画書の内容の意味合いを理解せずに書く人もいます。また、中堅の研究者にも、研究企画力を持たないままで過ごした方も多いです。

技術経営、知財マネジメント、技術マーケティングを網羅的に教育することでテーマ検討を実行可能なレベルに引き上げます。研究テーマの企画を実践させることにより、実践力を高めます。

内容① 研究開発テーマの分類と創出法

研修で実施する場合には、以下のように研究開発テーマを分類し、欲しいテーマの創出方法を学習します。

それぞれに必要な技術者の行動、調査能力を講義し、実際に行動していただきます。

・技術経営の基礎理論(座学)
・競争戦略とコア技術の関係整理(演習、自社技術の棚卸し・編集)
・テーマに求められる要件整理(用途探索、市場探索による仮説検証)

間違ってはいけないポイント

間違わないでいただきたいのは、バックキャストのみに走らないことです。顧客課題を先取りしようと未来予想や顧客要望の収集のみに依存しないことです。

未来予想や顧客要望は極めて公知性の高い情報です。そのため、他所の会社と同じテーマになります。

こうしたアプローチでは、小売業のPB商品に負けるレベルの開発しか出来ません。

◯自社の基盤技術、コア技術で出来ることを推論するアプローチ
×未来予想情報に頼ったアプローチ

内容② テーマ創出方法

コア技術の整理方法や技術マーケティング方法に基づいたテーマ創出方法を講義します。
・テーマのためのアイデア着想方法
・仮説立案ー検証の方法
・テーマ企画方法演習

内容③ 実践的な知財マネジメント

受講者に一定の知財知識があることを前提として、知財マネジメント教育を行います。
・知財戦略の構築方法
・知財網の形成方法
・知財の質向上方法
・権利行使の意識が不可欠

研究開発テーマ創出を研修で実施する場合の効果

研修形式の場合、技術者の意識に関する効果を生んでおり、受講者の満足度は高くリピートも多数あります。

効果の種類としては、①新しいテーマが出る、②研究者の行動が変わる、③受講者満足度があります。
もちろん人によってばらつきはありますが、「研究者の行動が変わることにより、新しいテーマが出た」とのご感想を頂いています。受講者満足度は図の通りです。

セミナーの効果

大手企業の研究所で若手〜中堅研究者を対象にした研修において調査(受講者数12名)

所要期間

全5回〜6回、各回1ヶ月以上開けて開催します。

参加人数

参加人数 10名/1クラス

事前準備

テーマ企画業務の実践に時間を使えるように事前に調整してください。

また、書籍2冊を読んでいただくことをオススメしています。
その際、ご予算(1人5千円程度)を確保していただく必要があります。

組織的取り組みによるもの(プロジェクト)

組織として取り組むパターンもあります。課長やチームリーダークラスがプロジェクト形式で参画することによって、テーマを創出しようとするものです。成果重視の場合にはこちらのほうが一般的です。

プロジェクト形式の場合は、技術の棚卸しやトレンド分析など、技術戦略に近いものとなります。こちらをご覧ください。

研究開発ガイドライン/カタログのご案内

研究開発部門の高度化や人材開発を担う担当者のために、研究開発ガイドラインをお送りしています。あわせて、技術人材を開発するワークショップやコンサルティングの総合カタログもお送りしています。

部署内でご回覧いただくことが可能です。
しつこく電話をするなどの営業行為はしておりません。ご安心ください。詳しくはこちらからどうぞ。